「貸したい」と「借りたい」を繋ぐ

貸したい施設を、借りたいお客様の元に提供するためには、様々な障壁が存在します。

「今使いたいのに、施設の準備が整っていない」
「突然予約が入り、現地で対応できるスタッフがいない」
「いきなり知らない人から予約が入ったけど、本当にこの人に貸し出しをしても大丈夫だろうか?」

もちろん、24時間フロントに人を充てがえばこれらの不安は解消されるのでしょうが、なかなかそうもいきません。

弊社の提供するKEY STATIONは、人とサービス(モノ)を”今すぐ”つなぐIT/IoTインフラサービスであり、「今すぐ使いたい」、そんなニーズにリモートかつリアルタイムで応えていくためのサービスです。

「セルフ」「リアルタイム」「チェックイン」

KEY STATIONというサービスは、3つのサービスから成り立ちます。

まずは、鍵の管理を行うKEY STATION
セキュリティに特化した鍵BOXの中に鍵を預け、取り出し用のパスワードや取り出し履歴をweb上から管理・操作します。
(詳しくはこちら)

次に、KS Booking
これは、施設の予約管理システムであり、施設に応じて、何名収容できるのか、料金はいくらなのか、誰が使えるのか 等を事前に登録しておけば、それに沿った形で予約の管理を自動で行うことが出来ます。
(詳しくはこちら

最後に、KS Checkin
リモートで本人の確認を行い、オペレーターによる本人の確認が取れた上で、鍵取り出し用のパスワードを画面上に表示させます
(詳しくはこちら)

これらのサービスを連動させてご利用頂くことで、お客様が、いつでも(リアルタイム)、ご自身のスマホやパソコンから(セルフ)、本人の確認をとった上で(チェックイン)施設を利用して頂くことが可能であり、運営者の管理工数を削減、お客様の利便性向上を同時に実現することが可能となります。