MESSAGE1

User First

どんな時でもお客さまの声に耳を傾け、すぐ行動。

そうした日々の積み重ねが、
快適且つ生活にFitしたサービスを提供出来る近道だと考えています。

企業理念"幸せのインフラを作る"
これを実現する為に僕個人として"User First"を念頭に掲げています。

どれだけ忙しくてもお客さまからのお問い合わせや要望にはいち早く対応する事を心がけており、「解決策を考え・提案し・実行する」そんな意味が込められています。
利用してくださる皆さまに満足して頂けないのでは意味がありませんから。

世の中の"鍵"となれるよう進化を続けます。

若狭大志

User First

取締役COO若狭大志

MESSAGE2

事業創りを楽しむ

一般的な開発現場の場合、何を作るかが決められていて、その仕様に沿ってコードを書いていく...ということが大半かと思いますが、弊社の場合、そもそも何を創るのか というところから決める必要があります。

それは、弊社が世の中にないものを作っている会社だからです。

ですので、エンジニアはサービス企画会議には毎回参加しますし、お客さんとも直接やりとりします。
半分営業みたいなこともしてますね。

その分、役に立つものを作れた時に、お客様から「ありがとう」と直接言って頂けるのはすごくやりがいがあります。
実際自分が作ったKEY STATIONが街の様々な箇所に設置されているので、それをお客様が使ってくださっている場面に遭遇したりすると、我が子を見守るような気持ちで商品棚の影から覗いたりしていますね。 笑

「創る」ということを楽しみながら、日々の仕事に向き合っています。

望月直紀

事業創りを楽しむ

CTO望月直紀

MESSAGE3

不動産オペレーション事業に新たな価値を

いまは、不動産オペレーション事業、特にホテル事業に携わっています。

当社のシステムにより、無人オペレーションでの運営および運営サポートを実現。お客様にとってもオーナーにとってもスムーズにご利用いただけるよう、日々サービスの向上に取り組んでいます。

ホテルに限ったことではありませんが、「無人化」「システム化」=「サービスの低下」ではなく、新たな価値を創るための時間や機会ができるチャンスであり、いまあるものの価値を向上させて、逆に人と人との距離を縮めていくことに繋がるはずです。

当社に関わってくださる方々にそのような新たな価値(幸せ)を提供するとともに、その価値がさらに周りの方々にも広がる第一歩となれば嬉しいです。

酢屋圭

不動産オペレーション事業に新たな価値を

ディレクター酢屋圭

MESSAGE4

仕事を通じて、一つでも笑顔を増やせるように

普段はオフィスマネージャーとして、利用者の人たちが帰ってきたくなるようなシェアオフィスになるよう、イベントの企画や空間づくりの仕事を主に担当しています。

最近では、他社様とのお取り組みの中で、これから来てくださるお客様の笑顔を想像しながら、ホテル建設プロジェクトにも携わっています。

「仕事を通じて、一つでも笑顔を増やせるように」 というのが、今の私のやりがいですね。

山根由香里

仕事を通じて、一つでも笑顔を増やせるように

マネージャー山根由香里